こんにちは、三宅です。

2月に突入しましたが、気温は連日10℃を超え、

この時期にしては、あったかいと感じております。

おかげで、春服への物欲が高まる一方です。

さて、今日は何について書こうかなと思っていたところ、

STILL BY HAND 21SSの中でも、三宅イチオシのパンツが入ってきました。

ということで、数時間前に届いたばかり、入荷ほやほやのこちらを。

STILL BY HAND (スティルバイハンド)
COTTON GABA PANTS

model : PT01211

オンラインストアはこちら

ルックでも着用されていたこちらのパンツ。

コットン100%のしっかりとしたギャバジン素材を使用し、滑らかな肌触り。

また、高密度で織られることで、ハリ・光沢感のある表情に。

シルエットは割と太め。

ズドンとくるシルエットは、STILL BY HANDでは珍しいかなと。

OLIVE色で、太めのシルエットだと男臭くなりそうですが、

そこはさすがのSTILL BY HAND。

めちゃくちゃ上品に仕上げています。

なぜかというと、、、

ただのOLIVEではなく、玉虫。

光や見る角度によって、微妙に色味が変化します。

ギャバジン素材の光沢感も相まって、物凄く高級感のある一本に。

色味に関しては、写真では上手くお伝え出来ないので、

ぜひ店頭で見ていただきたいですね。

本当に良い色味です。

TOPS

unfil (アンフィル)

PAPER COTTON – TERRY CREWNECK PULLOVER  color : ECRU

SHOES

REBIRTH PROJECT × makerhood × Lafeet

TABI SHOES color : WHITE

スウェットにOLIVEのパンツ、スニーカーというかなりカジュアルなスタイリングですが、

パンツの上品さが際立ち、落ち着いた雰囲気に。

ルックのように、革靴を合わせるのも渋くてかっこいいです。

ギャバジン素材は、通気性や耐久性も優れているので、

長く愛用できるのもポイントです。

ちなみに、中国では玉虫という漢字を、

「吉丁虫」と書くそう。

とても縁起のいい虫で、幸運を運んでくれるとのこと。

このパンツも穿いていたら、特別な良いことが起こるかもしれません…

それでは。