こんにちは、三宅です。

夏日を超えるほど日中の気温が上がり、

昨日からグッと暑さを感じるようになりました。

徐々に薄手な服装に移行していく時期ですね。

薄着になると生じてくるのが、ポケット問題。

アウターを着なくなり、財布やらスマホやらをポケットに入れられず困る男性が多いこの時期。

と同時に、バッグを探される方が増えてきます。

そこで、本日は入荷ほやほやのこちらを。

STILL BY HAND (スティルバイハンド)
DAY PACK

STILL BY HAND
POUCH

もともと21SSのコレクションにはなかったこちらのバッグとポーチ。

昨年12月頭に届いたBAG作成の朗報。

STILL BY HANDの洋服と親和性を意識して作成された、

シンプルながらも随所にこだわりの詰まったBAG。

サンプルを見て、即オーダーを決めた間違いのない逸品。

GRASSに並ぶ洋服たちとの親和性もばっちりです。

まずはDAY PACKからご紹介。

通常のDAY PACKと比べると、縦が少し短く、横に少し広い丸みを帯びたフォルム。

単品でみると少し小ぶりに見えますが、

横に広いので意外とボリュームがあって程よいサイズ感です。

そして、背負ってわかるその軽さ。

めちゃくちゃ軽いです。

秘密は、素材に。

マイクロリップ素材を使用。

軽量ながらもしっかりとした強度。

さらに、スリーレイヤーナイロンのため強力な撥水性も兼ね備えています。

機能面もですが、この素材感のおかげで、

ハリ感・マットな光沢感など表情が出るのもポイント。

続いて、細かいディテールを。

内部のポケット。

背面ではなく、前面に配置されています。

なぜかというと、、、

狭い空間や電車内などで前に抱えた態勢でも、物を取り出しやすいようにという配慮。

言われてみると、背面にあるよりも使い勝手は良いなと。

細かい部分への気遣いに感心させられるポイントです。

サイドポケットも。

こちらには、ペットボトルや折り畳み傘の収納を。

軽さに加えて、機能面もばっちりの仕様です。

ブランドネームは控えめに。

強度を確保しつつ、表面に見えるステッチを可能な限り排したデザイン。

STILL BY HANDらしさ全開のミニマムなDAY PACKです。

続いて、POUCHを。

こちらも同様に、スリーレイヤーのマイクロリップ素材を使用しているため、

軽量かつ撥水性を持っています。

大きさは、財布やスマホ、カメラなどを収納しやすい小ぶり過ぎないサイズ感。

長財布も縦にちょうど収まります。

カラビナなどをかけることのできるテープを配置。

なにかと便利そうなデザイン。

外側にはメッシュのポケット。

こちらのPOUCHも、細部のディテールがSTILL BY HANDらしいアイテムです。

ちなみに、、、

生産は、日本の誇る老舗カバンメーカー。

誰もが知るあの国内屈指のハイクオリティメーカーです。

(大々的には言えないので、気になる方はスタッフまで)

入荷早々ですが、残りはほんのわずか、、、

気になる方は、お早めに。