みなさんこんにちは!

福山店藤井です!!

暑いですねっ汗

すっかり「夏」です。

 

夏の曲といえば山下達郎さんの「僕らの夏の夢」

聴くだけで夏の真っ青な空が想像できる名曲です。

聴いたことがない方はぜひ・・・・

 

さて

夜が寝苦しいと思う気温になってきました

福山の今日の最高気温は30℃にもなるそうで

急に暑くなったので体がついていきませんね

 

昨年のブログで水分、塩分補給の重要さについて書きましたが  ブログはこちら

 

今回はこれからの暑い時期にやってはいけないNG行為について4つほど書いていこうと思います。

 

扇風機の風を直接体に当てる

これは聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

実は扇風機は冷房に負けず劣らず体温を低下させる力を持っています。

必要以上に体温が低下することで、「肩こり」「疲れがとれない」「お腹を下す」など、良くない症状が表れます。

オススメは扇風機の風を上に向かわせること。

部屋の空気を循環させるイメージで風を送れば室温が下がり、体を直接冷やさず快適に過ごせます。

特に睡眠時は直接体に当てないようにしましょう!

体温が下がりすぎているのに気づかず、体調を崩してしまう可能性が高いです!

 

半袖&短パンで寝る

これに関してはほとんどの方が当てはまると思うのですが、実はこれも体を冷やし過ぎる原因になります。

肌を露出して扇風機や冷房を使って寝ていると、どうしても風が直接皮膚に当たります。

皮膚の表面温度が下がると当然体温も低下するので注意が必要です。

リネンやシルク素材の長袖パジャマを着るのがベストです。

 

小型持ち歩き扇風機

屋外に出た時にこれで少しは涼しい!

と思うかもしれませんが、これは気温によります。

気温が35℃を超える場合、屋外での扇風機の使用は推奨しない。とFEMA(米連邦緊急事態管理局)が発表しています。

風を感じ、体温が下がっていると錯覚しますが、35℃を超える猛暑の中使っても効果がないとされています。

むしろ汗の蒸発を抑制してしまうため、必要以上に乾燥し、日射病の原因となる場合もあるそうです。

外出時にはミストボトルを用意しておいて、体がほてってきたら使うようにするのがオススメです!

 

冷たい物の食べすぎ、飲みすぎ

こちらも聞いたことがあるかもしれません。

暑い時はキンキンに冷えた飲み物!

アイス!かき氷!

と、なりがちですが、本当はよくありません

僕もよくやってしまいますが

冷たい物を摂取すると、まず胃腸の動きが悪くなります。

その結果腹痛や血行不良、代謝低下などに繋がります。

次に、急激に体温が下がります。

もちろん夏場体温を下げるのは大事ですが、急激に下がることで体への負担は絶大です。

夏場寝ても疲れがとれにくい方はこれが原因かもしれません。

 

 

いくつかNG行為をあげてきましたが、皆さんはどれくらい当てはまっていましたか?

夏場は暑さに気をとられがちですが、逆に体が冷えないように意識するのが大切です!

良かれと思ってやっている行動が、実は体に負担をかけていた。なんてことにならないように夏場の体調管理、しっかりしていきましょう!

ちなみに、夏風邪は寒い時期にひく風邪よりもウイルスが増殖しやすく、治りにくいのでご注意ください……

楽しいオシャレは健康な身体から!

 

最後に本日の天使ですお納めください。

 

それでは!!

 

〇お問い合わせ

公式LINE ID :@497wigjn

公式LINE QR :

Instagramgrass.mens

藤井のInstagram : k_fujii0529

MAIL contact@grass2020.com

TEL087-862-0423(高松店)084-973-7378(福山店)