皆さんこんにちは!

福山店藤井です!

今日から8月!まさに真夏!

夏といえば皆さんは何を想像するでしょうか。

海、夏祭り、向日葵、蚊取り線香、冷やし中華

そう

「夏といえば」って多すぎるんです。

食べ物、行事、花、歌…etc.

他の季節と比べても、連想するものがあまりにも多い気がします。

なので人によって連想するものが様々です。

ちなみに僕が連想するのは「打上花火」。

今ブログを書きながら

なぜ打上花火はあんなに心に残るのだろうと考えてみましたが

「視覚」「聴覚」「嗅覚」全てに強い印象を残すからだと思いました。

ぬるい夜空に大きな光。

胸の奥を揺らすような音。

少し遅れて煙の匂い。

夏を感じずにはいられません。

さて、視覚的に夏を感じさせる物は多くありますが、夏場の足元といえばやっぱりサンダル。

入荷したてほやほやのオススメサンダルがこちら!

BIRKENSTOCK (ビルケンシュトック) KANO

皆さんご存知BIRKENSTOCKのプロフェッショナルライン。

その中でもKANOモデルという少し珍しいモデルです。

足の形状に合わせたビルケンといえばのフットベット。

「デザインはしていない、自然が作り上げた」

サンダルの生みの親、カール・ビルケンシュトック氏がのこした言葉です。

使用するにつれて自分の足に馴染むサンダルを開発した彼の意思は未だに繋がれています。

さて、そんな進化し続けるビルケンのサンダルの1つ。

KANOについてご説明していきます。

KANOのフットベットは通常のものより柔らかく、しっとりとした履き心地。

履いていてストレスのないしっとり感、思わず素足で踏みたくなるような表面の柔らかさです。

性能も向上しており、その秘密は通常のビルケンのモデルとは大きく違ったソールにあります。

写真では伝わりづらいかもしれませんが、KANOはソールの溝が通常のものより深くなっています。

これにより滑り止め性能がアップしており、よりアウトドアで活躍しやすくなります。

踵部分には天然ラテックスゴムの柔らかなフォームが内蔵されており、クッション性能もアップしているので、サンダルでありながら長時間歩きやすい設計となっています。

また、細かな部分ですが個人的にツボなのがベルトの裏地が圧縮フェルトになっていること。

柔らかな裏地なので摩擦による痛みも感じにくく、履き心地も格段に上がっています。

デザインの面でもソールが少し厚く、丸っこいのでレザーサンダルですが可愛さも持ち合わせています。

調節可能な、ダブルのインステップストラップが使用されており、歩行中にズレたり脱げたりしない設計。

よく見るとストラップの素材感も渋い感じで個人的に非常に好みです

街ぶらでもアウトドアでも活躍するKANO

つま先から踵まで細部にこだわったサンダルの履き心地を、ぜひ店頭でお試しください!

最後に本日の天使です。お納めください。

それでは!!

今回ご紹介しているアイテムにはオンラインストアに掲載されていない商品がございます。

ご質問等ございました下記にてお問い合わせ下さいませ。

<お問い合わせについて>

店舗通販も承っておりますので、

ご希望の場合はInstagram(ダイレクトメッセージ)

またはお近くの店舗までお問い合わせくださいませ。

公式LINE ID :@497wigjn

Instagramgrass.mens

藤井のInstagram : k_fujii0529

MAIL contact@grass2020.com

TEL087-862-0423(高松店)084-973-7378(福山店)