こんばんは。

福山店北村です。

連日、蒸し暑い日々が続いています。

体調がかわりやすい時期ですので

お気をつけ下さい☺︎

熱中症対策には、こまめな水分補給に加え

しっかりと栄養素を摂ることが大切です!

暑い時期は食欲がなくなることも多く、

栄養を十分にとれていないことも。

こちらも熱中症の原因となるため、

こまめな水分補給に加え

3食バランスのよい食事を取れると良いですね。

そこで、本日は

熱中症対策に効果的な食べ物をご紹介します。

熱中症対策に効果的な栄養素は

カリウム、ビタミン類、クエン酸といわれています。

カリウムは、バナナなどの果実類

魚、肉類に含まれておりナトリウムと共に

細胞の浸透圧を調節する役目があります。

不足すると、食欲不振、筋力低下、低血圧、

不整脈などを引き起こす可能性があるため

積極的に摂取したい食材です。

次に必要なのがビタミンB1。

夏場に失いやすいビタミンB1は

体内に取り込んだたんぱく質、脂質、炭水化物を

エネルギー源に変えるための代謝を

助ける働きがあります。

これは、糖質をエネルギーに変えるため、

疲労回復にも欠かせない成分です。

このビタミンB1は、

豚肉、大豆、モロヘイヤ、玄米、きのこなどに

多く含まれています。

さらに、重要なビタミンが、ビタミンCです。

ビタミンCには抗酸化作用があり、

細胞を健やかに保つ働きがあります。

赤・黄ピーマンなどの野菜類、トマト、

アセロラ、レモンなどの果実類に含まれています。

最後に、もう一つ摂取しておきたいのがクエン酸。

クエン酸は、梅干しやレモンなどの

酸味があるものに含まれています。

クエン酸を補うことで、疲労回復に効果的です!

熱中症は、体温が上がり

体内の水分や塩分バランスが崩れたり、

体温の調節機能が動かなくなってしまうと、

体温の上昇やめまい、けいれん、

頭痛などのさまざまな症状を起こす病気のことです。

熱中症対策には、食事と水分が大切になります!

3食バランスの良い食事に加え

喉が渇く前に水分補給し

3食の食事以外に

1日1.2Lは水を補うようにしたいものです。

運動を行ったときは、

スポーツドリンクを

また熱中症の症状が見られるときは

経口補水液を利用して、

効果的に水分を補うようにしましょう☺︎

熱中症にならないよう心がけながら

今年の夏も楽しんでいきましょう‼︎

それでは。